忍者ブログ

猫が森にある空想鉄道のブログです。 ナロー軌道の模型世界へ

猫が森便り

   
カテゴリー「B-TRECK」の記事一覧

寝狐葉登山鉄道



猫が森入り口から北西にある温泉郷、羅強へ登る「寝狐葉登山鉄道」。
寝狐葉山のシェルパ、モハ1形が到着したロマンスカーの乗客を
深い山の中へと案内する。

急勾配と急カーブが続くため、車輌はBトレインのようにショートカット
されている。

非冷房化

猛暑が各地で続いている。
ここ猫が森は高原地帯なので毎年涼しいのだが、
今年は異常に熱く、熱中症に気をつけなくては
ならないようになってしまっている。

猫が森鉄道の格線を走る列車は、このような熱さを
想定しておらず、どの車輌にも冷房装置などは付い
ていない。
クーラーの付いた車輌を他社から導入する際などは、
逆に装備をはずして「非冷房化」をするぐらいなの
である。



写真は非冷房化に改造中の、鉄道コレクション豊橋鉄道1900形である。

Bトレック 東急5200系を作る (5)

Bトレイン版、東急5200系が完成した。
夏の暑さに、湯たんぽもなおのこと熱そうな様子。
パンタグラフはGM製PT42、台車もGMのTS301を使用。
グレーに塗装しなおして履いている。




Bトレック 東急5200系を作る (4)

しばらく中断していたBトレック、東急5200系の制作。
厳密に言うとBトレインショーティではなく、気ままなサイズに
ショートカットしたNゲージの模型である。
前作の東急7000+7200系も同様で、Bトレイン(バンダイ)
ショーティで発売されているものではなく、グリーンマックス製の
キットをBトレインの動力ユニットに合わせて切り刻んで接合して
いるものである。
窓を3個にしているため、Bトレインよりも若干全長が長い。



上から東急7000+7200系、京王新1000系、制作中の東急5200系。

T車の床板はGMキット5000系のものをカットして貼り合わせている。

5000系の車体を流用しているため、動力ユニットはそのままだと入らない。
車体のすそをカッターでかなり削ってユニットが入るようにしてある。






Bトレインショーティ 京王1000系登場

 Bトレ京王電鉄1000系が発売された。2輛セットで¥1,500
1編成作ると2セットで¥3,000。前面色が3色(アイボリー
・サーモンピンク・ブルー)売られている。全部買うと¥9,000
となる。レインボーカラー様々という商品なのである。



初回限定、前期型・後期型選択式なので、その両方を備えるとなると
さらに上記の倍額かかること、ご注意を。

4月5日(月)より京王線・井の頭線の「A LoT」・「K-Shop」
(一部除く)、京王アートマン(聖蹟桜ヶ丘・府中・京王八王子)
で販売。

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

AD

PR

プロフィール

HN:
猫が森
性別:
非公開

最新CM

最新TB

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 猫が森便り --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by GLAZZO / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]