忍者ブログ

猫が森にある空想鉄道のブログです。 ナロー軌道の模型世界へ

猫が森便り

   
カテゴリー「月見台検車区」の記事一覧

新型車輌300形登場

猫が森300形

猫が森鉄道に久々の新型車輌が登場した。
猫が森ー秩父鉄道線用300形である。
以前、非冷房車(余剰となっていた、鉄コレ豊橋鉄道1900形)
として制作していたもので、正面は前照灯を撤去し窓下に
ライトを2個新設してリニューアルした。
車体色は編成を組む、秩父鉄道と同色とした。

猫が森300形2

実車は模型よりも奇なり!!

 猫が森鉄道月見台検車区にて改造中の車輌、
湘南+パノラミックウインドウ急行だが、
こちらの完成以前になんと現実に組み合わせて
走らせている鉄道があった。
 銚子電鉄の新車2000形である。元伊予鉄道
(そのまた元は京王帝都電鉄)の車輌、湘南+
パノラミックウインドウの2輛編成。
 月見台検車区がもくろんでいた組み合わせそ
のものである。

詳しくはKaz-T's blogさんの記事をご覧下さい。
 

鉄道コレクションの改造 その3 

 この鉄道コレクションの改造の裏には、実は深い
テーマが潜んでいる。
豊橋鉄道1900形の正面はパノラミックウィンドウ、
秩父鉄道の方は湘南スタイルで、どちらも電車のデ
ザイン史上、共に一時代を築いたスタイルであった。
一世を風靡した両方のスタイルを連結させて、猫が
森急行電鉄の代表特急列車として甦らそうというのが
隠された大テーマなのである。

まさにこじつけっぽい・・・

鉄道コレクションの改造 その2

秩父鉄道300系の連結相手は、2ドア急行タイプの車輌。
以前、非冷房化で記載した豊橋鉄道1900形(鉄道コレクション)
である。
写真は、屋根上のクーラー機器をレーザーソーでカットしたもの。
正面のヘッドライトも取り去った。


どのような形になるのかは、考慮中の月見台検車区である。

鉄道コレクションの改造

TOMYTECの鉄道コレクションシリーズは安価で、今まで
好みの地方鉄道の車輌がラインナップされていると、つい
手を出して購入していた。
ブラインドパッケージのため、買ったは良いがほんとうに
欲しい車輌、欲しくなかった車輌がバラバラと集まり、
そのまま放置してある。



写真は欲しかった秩父鉄道300系である。もう1輛ペアとなるべき
車輌はなかなか当たらず、放りっぱなしであった。
安価とはいえ、もう1輛を手に入れる為だけに、無駄な出費はした
くない。
さりとて、いつまで1輛で飾ってあるだけでは寂しい。
そこで、あまり欲しくなかった車輌を改造して猫が森鉄道独自の編
成を作ろうということになった。


カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

AD

PR

プロフィール

HN:
猫が森
性別:
非公開

最新CM

最新TB

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者アナライズ

Copyright ©  -- 猫が森便り --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by GLAZZO / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]